ヘルシンキ1日目その②

今年はフィンランド建国100周年の年。建国前のフィンランドはロシア領だったそうです。

その影響を受けてか、建物もロシア調のものがあったり、フィンランド語もどことなくロシア語に近いような、そんな印象を受けます。

 

トラムで大通りへ戻り、ファッションビルのなかにある「アーノルドコーヒー」へ(ヘルシンキでは破格の安さ。味もそれなり)。コーヒーを飲みながら、今後の行程を練ります。

まずはロシア正教のウスペンスキー教会に行ってみることにしました。

ウスペンスキー教会はとてもかわいい外観。でも、歴史的建造物にはあまり興味がない私。

たった5分で見学終了。

 

当然ながら時間はたっぷりある、、、そうだ、トラムから見えた港に行ってみよう。

てくてく港方面に歩いていくと、港の横にはプールがあり、なかなかの賑わいを見せてました。

ちなみに、この日の気温15℃。

こんな日にプール?信じられない。

こっちはGジャン着てても寒くて凍えているのに・・・。

 

****

 

港では、たくさんの人が船を待っていました。この港は近くの島、スメオリンナ島に向かう船の発着場だったのです。所要時間15分、往復5ユーロ。船はもうすぐやってくるみたい。せっかくなので行ってみることにしました。

 

勢いで船に乗ったはいいけど、この島に関する知識はほとんどなく、なんとなく頭にあるのは、ただ「世界遺産」登録されているらしい、ということだけ。歴史的建造物より何より、寒さをしのぐことしか考えられなかった私は、写真をとることもなく、さっさと帰りの船にのって帰ってきてしまいました。

 

****

 

駅前に戻って、地元のスーパーに立ち寄り、夜ごはんの調達。サラダバーと寿司バーで好きなものを盛り合わせてお会計したら、たった5ユーロ。外で食べたら、この値段はありえない。

それにしても、お寿司はなかなか衝撃的でした。サラダの味はまあまあ。

 

この後、倒れるようにベットにもぐり、1日を終えます。

長い、長い1日でした。